くだものうつわとは

職人の手からあなたの手の中へ

山形県上山市。
さまざまな果物が豊富に採れる東北の地で、
「くだものうつわ」は生まれます。
さくらんぼ、ラ・フランス、りんご、柿。
長い年月の間、たくさんの恵みをもたらし、
いつしか役目を終える果樹。
本来なら、あとは朽ち果てるだけの果樹が、
職人たちの永い時間をかけた
丹念な手仕事により、ぬくもり溢れる器に生まれ変わります。
新たな命のかたち、「くだものうつわ」。
それは、使い続けるほど暮らしになじみ、長く愛せるうつわになります。

くだものうつわとは

くだものうつわの歩み

2006年8月山形県上山市で地域おこしの活動を行っている「上山まちづくり塾」。塾長の鈴木正芳を中心に木工作業に興味を持っていたメンバーが、木工デザイナー時松辰夫氏に出会い、木の器作りに取り組み始めました。
2007年2月さくらんぼ果樹栽培の盛んな上山市では、永い歳月を経て役目を終え、伐採しなければならない樹木を切なく思う農家の声も多く、それらの果樹を素材に器として生まれ変わらせることを決意。「くだものうつわ」と命名し、制作に励みました。
2007年11月山形県上山市「市総合産業まつり」に「くだものうつわ」を出品。果樹の町の新たな特産品として注目を集めました。
2008年2月山形県上山市「食の祭典」にて「くだものうつわ」を販売開始。
2010年8月山形県上山市内の「くだものうつわ」木工デザイン工房の隣にお店がオープンしました。
くだものうつわのお店→木工デザイン工房
「くだものうつわ」のお店
2010年4月2010年4月28日発行の山形新聞山形県上山市内の4つの保育園で、園児の給食用の器として「くだものうつわ」が採用され、2010年4月28日発行の山形新聞紙上にて紹介されました。
2010年8月BSジャパンのテレビ番組「ふるさと発 元気プロジェクト」にて「くだものうつわ」が特集され、約24分にわたり放送されました。
ふるさと発 元気プロジェクト
→BSジャパン「ふるさと発 元気プロジェクト」新規ウィンドウ
上写真提供:BSジャパン
2010年8月「箸づくり体験教室」を開催。ハイジキッズアカデミーの小学生の皆さんに参加いただきました。
※体験教室を随時、開催しております。くだものうつわのお店まで、お気軽にお問合せください。
くだものうつわの最新ニュース
盛りつけ例

Copyright : 2013 ©Kudamono-Utsuwa all rights reserved.

ページトップへ